売るという方法もある

捨てるという罪悪感から、少しだけでも逃れるために売るという方法もあります。
皆さんご承知の通り、今ではネットが普及しているので「売る」方法はいくらでもあります。

 

例えば、ネットオークションにだしてみるということ。
また、スマホで簡単に出品できる販売サイトが最近ではブームですね。

もちろん、ネットだけではありません。
リサイクルショップで売るという手もあります。

 

ただ、それらにはメリットやデメリットも存在します。

まず、オークションのメリットから説明します。
例えばレアな物品であれば、高額で落札してもらえるかもしれません。
またそれとは逆に、使用不能なジャンク品でも落札される可能性があります。
デメリットは、商品の説明文をそれぞれの商品について書かなければならない。
そして落札するまでに、時間がかかるだけでなく、全く落札されない可能性もあるということです。

では、ネットの販売サイトはどうでしょう。
メリットは、スマホで簡単に出品ができるということ。
価格設定を自分で行えるということ。
その反対にデメリットは、送料込みでないと買い手がつきにくいということ。
そして、値下げ交渉をされるということなどがあげられます。

リサイクルショップはどうでしょうか。
リサイクルショップのメリットは、即現金化できることでしょう。
また、梱包や発送といったわずらわしさからも解放されます。
ではデメリットは何でしょう。
ひとつ目は、買い取ってもらえないものがあること。
特にジャンク品などは、絶対に引き取ってもらえないでしょう。
ふたつ目は、あまり高い値段では買い取ってもらえないことではないでしょうか。

リサイクルショップで売るよりも、オークションで売った方が、はるかに高い値段で売れることはあるようです。